0歳~2歳児

しっかり歯磨きしているのになぜ虫歯になるの?子どもの虫歯リスクと0歳からできる虫歯予防

0歳から始める虫歯予防のプログラムに通って学んだことを書いていきます。

是非読んでいってください。

子どもの歯には虫歯菌は存在しない。子供が虫歯になる原因って?


生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌はいません。では、なぜ子どもは虫歯になることがあるのか? それは、虫歯菌が身近な大人からうつってしまうからなのです。

コップやおはしなどの食器の共有や、大人が噛んだものを与えたり愛情表現のキスをしたりすることでうつるとされています。この行為をしなければ虫歯菌は入っていかないのでしょうが、母親が気を付けていても父親や祖父母に預けた時などで感染することはありえます。

私自身、キスなどの愛情表現もしたいし、別の箸を小さい時から準備するのなんてめんどくさくてストレスになってしまいます。ましてや、周りの人たちにも同じように気を付けてもらうなんて大変すぎる。

なので、虫歯菌をうつさないというのは生活していくうえで無理な話と考えます。しかしながら、虫歯は予防したいので最小限の菌で済むようにどうしたらいいのでしょうか考えました。

親と子どもが一緒にお口の健康を気を付けること

まず、大切なのはむし歯菌を保持しているママやパパからむし歯予防を積極的にしていくこと、定期的に歯科健診をしていくことが大切です。

また、親の姿をみて子どもも将来にわたって歯医者の健診が大切であることや歯磨きの必要性を感じることができるます。

今日から実践!親も子どもも虫歯リスクチェック

チェック1:だらだら食べはしてませんか

よくあるのがごはん食べた後もなんだかお口がさみしくて、クッキー食べたり、ちょこちょこ冷蔵庫に隠している小さなチョコレートをつまんだりと一日のうちに量は少なくてもちょっとずつ食べてしまうとかありませんか?

お口の中では、食べ物を食べると一時的に酸性になって歯からカルシウムが溶け出します。しかし、唾液が酸性を徐々に中和させてくれるのですが、この酸性の時間が長ければ長いほどむし歯が活発になるので虫歯のリスクが上がります。

なので、大人も子どももおやつの時間はしっかり決めて食べることが虫歯予防につながります。

チェック2:お茶や水の代わりに甘い飲み物を飲む

これも食べ物と同じで、糖分がお口の中を酸性にさせてしまうのでずっと飲み続けるのはよくありません。また、食べ物と違い、歯の間を通りやすいため歯と歯の間のむし歯になりやすくなります。

ジュースやスポーツドリンクは時間を決めて飲み、水分補給はお茶や水をおすすめします。また、この水やお茶は食後に飲むだけでも歯についた食べかすなどを洗い流してもくれるので虫歯になりにくい習慣になります。

チェック3:鼻炎や筋肉不足によって口呼吸をよくする


口呼吸をすることで歯が乾燥して唾液の効果が作用されず菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。口呼吸になる原因はいろんな要素が悪影響しているので詳しくはこちらの記事から→しあわせ歯並びのつくり方 矯正しないための0歳からの子育て Haul

娘の場合は、慢性的なアレルギー性鼻炎による口呼吸が影響していると考えられるので、すぐには治らないのですが少しでも口呼吸しなくても済んで、鼻の通りがよくなるように定期的に耳鼻科に通っています。また、お風呂など湿度の高いところで鼻をかむなどして鼻つまりを改善するところから取り組んでいます。

チェック4:歯磨きをしている

これ普通に大切。一日に一回でもその日の分の歯垢がしっかり取れれば寝ている間にむし歯菌や歯周病菌は繁殖せずにすみます。しかし、しっかり歯磨きって結構大変です。一本一本丁寧に磨き、糸ようじで歯間も磨き、マウスウォッシュしているのに歯垢ってついていたりする。

私は、子どもいるから自分のために時間割きたくても割けないときがあるので時短目的で電動歯ブラシとか使っています。よかったら参考程度にのせておきますね。

これなら本体代は最初は高くつくけれど、いつも10分くらいかけてしっかり磨いていたのが、5分くらいでしっかりツルツルになります。あと、磨き残しがないかアプリ連動できるのでめっちゃ買ってよかった。

いいもの買っても歯ブラシの毛先が広がると歯垢除去率が低下するっていうからヘッドは定期的に交換しています。なので、皆さんも選ぶときは維持費も含めて選んでみてください。

子どもの歯ブラシは、まだ2歳でカミカミして遊ぶので、本人用と仕上げ用として2本使いしています。

安いのをまとめ買いして、毛先が広がったら定期的に交換できるようにしていました。けれど、歯磨き粉はフッ素配合の歯科でおススメしてもらったやつを買っています。

まとめ

今回は子どもの虫歯について紹介しました。
むし歯になると、歯科医院に連れて行くのも大変だし、コストもかかるし、本人も痛がるのでなるべくならないようにさせてあげたいと思います。
歯は一生ものとして健康の一部として大切に見守ってあげたいですね。

読んでくださりありがとうございました。