0歳~2歳児

離乳食は「補完食」ってどうゆうこと?補完食のすすめ方と簡単レシピの紹介

REKA
REKA
みなさん離乳食を始めていますか~

このまえ健診に知った際に、離乳食の勉強会がありもうそんな歳なのかと早くて驚きました。

離乳食始めるの6カ月からだったような気持ちだったので、

5ヶ月から始めましょうね

上の子と離れていないけれど、離乳食どう進めていくっけ?などと忘れているところがあったので、離乳食の本を見返したりした。

今回は離乳食の考え方についての“補完食”を詳しく説明したいと思います。
この記事で、「離乳食ってこんなに簡単でいいんだ。」「これならはじめられそう。」って思ってくれたらうれしいです。それではどうぞ。

離乳食始めるのは大変そう。
ならば、補完食~ほかんしょく~として初めて見よう

母乳やミルクをやめてご飯を食べさせていくための準備と思われがちな離乳食ですが、実はそうではありません。

赤ちゃんは体が大きくなり、今後母乳だけでは取ることができない足りない栄養素があります。それを赤ちゃん自体が抵抗感なく食べて栄養素を補うことですから、メインは母乳やミルクなのでその他の口にするものを「補完食」といいます。大人で言うと、足りない栄養を取るためのサプリメントですね。なので、補完食を進めていくにあたり母乳やミルクの回数は無理して減らしたりやめる必要はありません。

特に授乳の時間は、ママと赤ちゃんとの大切なスキンシップとしての効果がありますので、「補完食」が始まっても授乳タイムはたくさん楽しみましょう。

はじめる前に知っておこう。補完食の基本5つのポイント

1,授乳タイムを大切に
2,離乳準備の必要はありません
3,離乳食の量に縛られずに、子どもの発達に合わせて
4,食べない食材は無理に食べさせない
5,赤ちゃんの「手づかみ食べ」を大切に

補完食の開始時期は?

だいたい、生後5ヶ月~6か月が開始の目安とされています。この時期になると、赤ちゃんの発達が食べるということがちょっとずつできるようになるからです。

赤ちゃんの発達の目安として、

*首がしっかりすわった
*おもちゃを持つ
*おもちゃを口に持ってきて食べようとする
*仰向けで寝ている姿勢でちょっとづつ移動したりしている
*軽く支えてお座りができる
*「アー、ア-」などの喃語がでてくる

あとは、初めて食べる食品は1さじ程度から。その後、赤ちゃんの状態を見ながら食べれそうなくらい増やしていきましょう。

食べるのにも赤ちゃんの実力や空腹度、やる気、体調などいろいろな要素が関係するのであくまでも様子を見ながらゆっくり食べさせましょう。

補完食をはじめるための必要なもの、準備すべきもの

補完食をはじめるにあたり絶対に準備しなきゃいけないものというのはないです。

かにさん
かにさん
は?この人何言ってるの?

絶対に準備しなきゃいけないものというものはないと言っているだけで、あると簡単に作れる便利グッツはたくさんあります。基本的に補完食を作るさいには、家にあるもので代用できるのがほとんど。

私の場合、100均のすり鉢、なんかの資料請求でもらった容器、茶こしだけではじめてます。

補完食の最初は、本当に少量だけしか食べれませんし、そのあとも大人の食事を作る過程で取り分けてつくるので、食材ロスもなく時短で済ませれます。この後、実例も載せますのでだまされたと思って一度やってください。

もしも何か離乳食のために準備したいのでしたら、絶対ブレンダーがおススメ。実家にはあるんですが、もう手っ取り早く使える。ハンディータイプを使っていたのですが、この前YouTubeでもっといい、蒸しもできて混ぜれて一個で何役もできるやつが出ていてほしい(*´з`)旦那に相談してみようと企んでおります。


かわいいから惚れちゃうわ~

子育てしていていろんな良いものがどんどん出てくるから、目移りしちゃうね。時短ができるなら少し高くても価値があると私は思っているので、いいと思ったものはどんどん試していきたいです。

ちょっと待って!気を付けるべきアレルギーになりやすい食材たち

補完食の中でも食べる時期や食べさせ方に注意な食べ物も存在します。

はちみつ、日本そば、卵、牛乳、小麦、落花生、えび、かに、さば、貝類、豚肉、おさしみ、マンゴー、パイナップル、パパイヤetc

詳しくは→離乳食でどう進める?アレルギーが出やすい食べ物に気をつける&アレルギーが出た時の対処法【赤ちゃんの離乳食】

親がやるべきことは、赤ちゃんと食事を楽しむこと

親になって離乳食を始めた時に皆さん良く悩むのは、「なかなか食べてくれない。」ということ。それは、赤ちゃんに母乳やミルクの代わりに食事を栄養として早く食べさせたいという気持ちから現れているのですが、この考えの前にもっと大切なこと、赤ちゃんたちに教えなければいけないことがあるのです。

それは、食べるのは楽しいよってこと!!

何を食べさせるかというより、食べること自体が楽しいということを一番に関わってほしいのです。成長すれば赤ちゃんもどんどん教えなくてもご飯が食べれるようになります。なので、今離乳食をあげる段階で食べてくれないところに焦点をあてずに何よりも楽しんでほしいです。

食事が楽しい場であることを伝えるために

食べなくてもお食事の場所に大人と一緒に過ごす時間を持ちましょう。

そうすることで、食事に興味がわき、よだれなどもどんどん出てきます。

補完食を食べないからと言ってミルクや母乳を減らさない

おなかがいっぱいでも、赤ちゃんというものはおっぱいを欲しがります。私たちもフレンチなどいつもは食べない食事を食べた後でも、なんだかおにぎりやお味噌汁が食べたくなるように安心できるものを食べたいという欲求は誰にでもあるものです。なので、赤ちゃんが求めるならこころの安定のためにも母乳やミルクは与えてあげましょう。

お味は薄口に

赤ちゃんの未完成な胃腸や腎臓は塩分を消化するにも負担になります。

手づかみ食べは大事

8~9か月過ぎくらいには、目の前に出されるものに対して興味がわき、お口に入れたくなる時期。スプーンで親があげると汚れなくていいのかもしれませんが、手先の発達や食材の感触を感じる機会なのでできれば手づかみ食べをさせれる環境に整えてあげたいものです。

実例☆ちょー簡単10倍がゆのつくり方

私は、5か月頃は食べる量がめっちゃ少なく、冷凍保存してまででもないと思ったので普段から簡単に作るようにしています。

炊いたご飯から10倍がゆにする方法
①自分たちのご飯を作る前にやる
②ごはん1:お水5をタッパに入れ3分加熱(破裂するときもあるから様子見ながらやってね)
③10分放置
④100均のすり鉢でつぶす
⑤茶こしでこす
⑥食べさせるとき20秒くらいで温めなおす
⑦完成

→●もう少し食べる量が増えたら炊飯ジャーで一緒につくる
①加熱OKのちっさい容器に米1:水10を入れる
②炊飯器の真ん中に置く
③一緒に炊く
④完成

☆もう一品はおみそ汁の具材から
おかゆともう一品は、お味噌汁つくるときの材料からちょっともらってます。
①鍋に水を入れる
②食べさせたい食材(ジャガイモ、ニンジンなど)を煮る
③だしやみそを入れる前にひとかけら取り出す
④食べやすいように潰す、必要ならこす
⑤完成

ほかの食材はコープ共済の離乳食などを多いに利用してます。

まとめ

離乳食となるといろいろ大変とおもったり、母乳やミルクの調整などに苦労する声が聞かれますが、あまり気追わず手抜きで取り組んでほしいです。手がかけれればいい母親というようなイメージがあるかもしれませんが、なにより調理過程ではなく食事自体の子どもとの触れ合いを大切にしたいので私は手抜き=時短をおすすめします。

この記事が誰かの参考になればと思います。
また、インスタ、ツイッターで最新記事のお知らせもしていますし、その他育児テクニックなどを随時アップしていますのでそちらも一緒にフォローしていただけると嬉しいです。

こちらの記事もぜひ読んでいってください。
●離乳食でどう進める?アレルギーが出やすい食べ物に気をつける&アレルギーが出た時の対処法【赤ちゃんの離乳食】
●だらだら過ごすのはもったいない。後悔しない育休中の過ごし方11選紹介
●夜泣きしない赤ちゃんの寝かしつけのコツやおすすめの本