0歳~2歳児

夜泣きしない赤ちゃんの寝かしつけのコツやおすすめの本

皆さんこんにちは、REKAです!!

今回は、赤ちゃんの寝かしつけについてです。

生きているだけでとっても可愛い赤ちゃん。目に入れても痛くないくらいとても可愛くて、ずーと見ていたくなりますよね。けれど泣いているのが多かったり、なかなかお昼寝もしてくれないと、自分自身のお世話が間違っているのではないか?きちんとお世話できているのか不安で仕方がないですよね。

特にママ達を最も困らせることは「寝てくれない」ということ。
抱っこしていると寝るのにベットに下ろした瞬間に起きたり、眠そうなのに抱っこしてもミルク飲んでも泣きっぱなしだと、「どうして寝てくれない?」って思い、気持ち的にも暗くなります。さらに、産後で疲れているのに赤ちゃんがうまく寝てくれなくて体力的にも辛くなってきますよね。

私も1人目の時、2時間おきの授乳や夜泣きに何回も起こされて寝不足になっていました。

抱っこして寝付いたと思ってもベットに置いた瞬間に発動する”背中スイッチ”。とても厄介です。寝てくれれば少しでもママは休む時間ができるからこそ、寝かしつけてもすぐに起きて泣かれてしまうと全然ママがほっと休める時間が持てなくて大変です。

今回の記事では、なんで赤ちゃんは寝てくれないのか原因を解説し、先輩ママたちも実践している寝かしつけのコツと泣いたときの対処法についてお教えいたします。

私が成功した方法で誰か一人でも寝かしつけで救われればと思います

どうして赤ちゃんは寝てくれないの?


赤ちゃんは毎日決まった時間に寝ないもの。寝かしつけるために、苦労するママも多いのではないでしょうか。

最初に考えられるのはお腹がすいている、おむつが濡れて気持ち悪いなどですよね。

ミルクもさっき飲んだし、おむつ変えたのになんで寝てくれないの
「泣くのが仕事」っていうけど、抱っこしても寝てくれない。
昼は寝てるのに夜は寝てくれない。

赤ちゃんは、泣くことでしか気持ちを伝えられません。
なので、不快と思ったときはいろんな理由で泣きます。寒い、熱い、痛い、眠い、お腹が張っているなどでも泣きます(T_T)

REKA
REKA
寝てくれればいいのに~

なんて思いますよね。

赤ちゃんの睡眠リズムを見極め!!ネントレの三大ポイント

まずは、絶対に押さえておきたいポイントがあります。

①寝かしつけの方法は一定にしてあげる
②「ちょっと待つ」の観察眼
③赤ちゃんのリズムを大切に

①寝かしつけの方法は一定にしてあげる


泣くたびに抱っこしてゆらゆらするのが一般的だと思います。
でも、夜中眠い中揺れるのはとっても疲れます。ましてや、すぐに寝てくれるならいいけれど、全然寝なかったりすぐに背中スイッチで起きられてはママは疲れてしまいます。

寝ないからいろいろ試している方もいらっしゃいますよね。ドライブがいいとか、トランポリンするとかありますが、寝かしつけを決める際には自分が辛くなる寝かしつけ方法はやらないようにしましょう。

赤ちゃんは変化を好まないので、一度癖がついてしまうとその方法でしか眠れなくなる可能性があります。夜中に目が覚めるたびにその方法で寝かしつけ方法を求めるので、結果夜泣きにつながります。

寝かしつけ方法を決める際には、ママだけでなく、パパや祖父母や保育園の先生など誰でも同じくできる方法がいいです。

②「ちょっと待つ」で夜泣きと寝言泣きを見極める


赤ちゃんも寝言をいいます。
当然ながら言葉を話せないので、寝言は泣き声のように聞こえます。泣いていると思って抱き上げたり、おむつチェックをしていると寝ているところを起こしてしまうことがあります。

ですので、泣いたからといってすぐに行動しないでください!

泣きましたら少しそばで様子を見てみましょう。寝言泣きのときは2~3分すると治まります。2~3分立っても泣き止まなかったり、声がどんどん大きくなったら抱っこして寝かしつけてあげましょう。

泣いているのを放置するのはどうなのって思うかもしれませんが、赤ちゃんが自分で浅い眠りから深い眠りに入るためにも練習が必要なので、深く眠る練習をしているんだと思って寝る練習をさせてあげてください。

2~3分でいいのです。

少し待ちながら赤ちゃんの様子を見てあげると、新米ママでもベビーサインが読み取れてうまく寝れないで泣いているのか、夢を見ているとか、お腹がすいているなど見つけることが出来るようになります。

③赤ちゃんのリズムを知って、整えてあげる

◇生活リズムを整える
赤ちゃんの体内リズムはほとんど働いていませんが、生後3~4か月頃に徐々に整っていきます。だからと言って、ずっと部屋を暗くしていてはいつまでもママやパパと同じ生活をできるようにはなりません。
その練習のためにも、朝には太陽の光を浴び、日中は静かにしておくのではなく、テレビの音、洗濯機の音、掃除機の音などを聞かせておいて親たちの生活リズムを教えるのも大切なトレーニングです。

◇睡眠リズムを知る
生まれて間もない赤ちゃんは、寝る時間が安定しておらず寝ないというのが一般的に広められている知識ですが、それは解釈の間違いです!赤ちゃんにもきちんと睡眠サイクルは存在します。

睡眠サイクルは、レム睡眠とノンレム睡眠という2種類の眠りの深さの繰り返しで成り立ってます。レム睡眠は身体は寝ていても脳が活発である浅い眠りで、ノンレム睡眠は脳も休んでいる深い眠りがあります。これは大人も赤ちゃんも一緒。

レム睡眠とノンレム睡眠のサイクルは、大体90~120分で繰り返してます。大人は、このサイクルをうまく繋げることができるため夜に起きることがありませんが、それに比べて赤ちゃんは、この睡眠のサイクルをうまく繋げれないため浅い眠りの時にうまく深い眠りに移れず目を覚ましてしまいます。

ですので、このサイクルを繋げる練習が赤ちゃんには必要なのです。

赤ちゃんは、睡眠サイクルをうまく繋げられずに泣きますが、その際親が急いであやすことで浅い眠り中に、起こしてしまいます。よく寝る子になってもらうためには、赤ちゃんが自力で睡眠サイクルをつなげる学習をできる環境を整えてあげましょう。

この学習のために必要なのは、いいタイミングに大人にあやしてもらい、眠りに戻る手伝いをすること。この学習は何回も練習しないとうまく繋げられませんが、一度でも成功すれば徐々にうまくなります。

寝ないのは“親のせいではない!!”ということをもっとみんなに知っていてほしいです。

④ネントレ三つのポイントが無理な時があってもいい


「添い寝でトントンにしてたけれど、全然寝てくれない」
「この方法で本当にいいのかな?」

子育てを考えても予想通りなんていきません。
赤ちゃんだって一人の人間。思い通りなんていくはずがないのです。基本ベースは意識しつつも、思い通りにできないときはそういう日があってもいいと言い聞かせましょう。

私も、寝てほしいと思い寝かしつけをしても全然寝てくれず、イライラしてしまうことがあります。なんでうまくいかないんだろうとか考えますが、しょうがないのです。だって、赤ちゃんは今は寝たくないんですって、少し今日は抱っこされていたいんですってそうゆうことにすると頑張れちゃったりして、自分の子が甘えんぼうで可愛く思えたりします。

子育てはいろいろですが、楽しみながら一緒にやりましょう☆

 

 

☆私がおススメする寝かしつけの本

私がうまく寝かしつけができるまでにいろいろな本を何冊も買って読みました。一人目の時にはこの本に出会うまで何冊も読み、小さい時からのネントレができず苦労しました。けれど、二人目の時にはすぐに実践できて生後1か月で朝までぐっすりの子になりました。

その中でも、わたしがおすすめする本を載せておきます。

子育てのマインドを学ぶならこの本→フランスの子どもは夜泣きをしない パリ発「子育て」の秘密 [ パメラ・ドラッカーマン ]

寝かしつけの詳しい実践方法を知りたい方は→赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド 0歳からのネンネトレーニング [ 清水悦子 ]

この本がわかりやすくて実践しやすいと思います。
寝なくて困った娘の時に早く知りたかったものばかりです。

まとめ

「寝てくれない」って悩む寝かしつけですが、ポイントを意識して上手に寝れるよう助けてあげてくださいね。赤ちゃんはできないことは多いですが、学習する力はとってもすごいものです。「あなたならできる」と信じてあげてください。少しずつでもできるように成長する姿を感じられると思います。

そして、多くの方にもっと広めたいのが、夜起きることを当たり前ではないこと、ママもゆっくり寝れるようになれる方法があるということを知ってもらいたいです。私自身、いろんな人にアドバイスして、夜寝れるようになった赤ちゃんが多くいらっしゃいます。

自分の子を信じてやってみてほしいです。