マタニティー&ママ

だらだら過ごすのはもったいない。後悔しない育休中の過ごし方11選紹介

REKA
REKA
せっかくの育休だからなにかしたい。何かできることないかなぁ。

働くママにとって、育休は人生の中でそうそうない合法的な長期休み。とってもとっても貴重な期間ですよね。

そんな休み子育てに専念するのはもちろんですが、せっかくの育休中を有意義に過ごしたいと思いませんか?

でも、ふと気がつくと…

今日一日なにしてたっけ??
家事と育児で時間がどんどん過ぎてしまう…有意義に使えてないと後悔しちゃうってこと一人目産んだときに思いました。

一人目の育休中は何かしようと思ってもなかなか始められずに引きこもっていました。

REKA
REKA
今思えばもったいない💦

あなたが私みたいに後悔しないために、私や友人が教える育休中の有意義な過ごし方11選をお伝えします。

さあ、やってみよう!家事と育児の両立に向けて育休中にできること

今の育児や家事の動線ごちゃごちゃしていませんか。子どものペースに合わせて行動すると家事すらままならないのは分かります。尚且つ、初めての育児ならなおさら、旦那にはこの大変さが伝わらないからこそ、何もしてなかったのと言われてしまうくらい。一度体験してみろと言いたいほどですが、その話はまたの機会において、、、せっかく時間があるのですから自分の時間を確保するためにも家事と育児の両立ため色々準備を育休中にしましょう。

level1:整理整頓&収納を考え、断捨離をする

忙しくなると、部屋が片付かないことにイライラしてしまうことありませんか?

旦那に片づけを頼みたくても物がどこにどうしまっていいのかわかりにくいと説明するのも大変です。なので私は、仕事復帰して日常生活でいっぱいいっぱいになる前に、物の配置を決め、テプラーで場所決めをし、収納できないものは断捨離するようにしました。

順番はこう!
①整理する区画を決める。
②すべて出す。ついでに、シルコットで拭き掃除する。
③1収納1ジャンルにしてテプラーでタグ付けする。
④捨てられないものや、取っておきたいものは1つ思い出箱にまとめる
→押し入れに収納
⑤もったいないものはメルカリやリサイクルショップに売るようにまとめる

REKA
REKA
これだけ⭐

売る際には1円でも利益が出るようきちんと値段設定しましょうね。
メルカリやジモティーなど写真を撮って説明文入れて出品するのは意外と手間だし、心に余裕がないとなんで売れないとイライラしたりと不安になるもの。メルカリで売るにもちょっとしたテクニックが必要なので、売り方のコツを育休中に覚えておくと復帰した後に家で使わなくなったものを処分するのに有効活用できるのでぜひやってしまうのがおすすめです。また、売れないと思うものは思い切って捨てましょう。

また、洋服などは100均のジッパー付き袋や収納袋などわけてしまうと後々、整理するときも楽なので育休中にやってしまいましょうね。

・妊娠中のモノ
・赤ちゃん用品(新生児、80、90、アウターなど)
・おもちゃ
・歩行器、沐浴槽などは大きいビニール袋に包んで保管

REKA
REKA
こんな感じにわけるとうまくいったよ。

その他、

着なくなった自分の服→売る
まだ動くけど使わない電化製品→必要?

私的に売ってしまって10円でもお金したほうがいいと思う。必要になったらその時には故障していたり、においがついていたりと補完にも管理が必要だから必要な時は最新のを買ったらいいと思う。そっちの方が安全で節電になりそう。

Level2:家計を見直す


育休中はハローワークから手当てがあるものの、社会人歴の短い私たちにとっては毎月ギリギリ
の生活をしています。すこしでも出費を抑えるためにできることはないか、育休中に見直しました。

それから、それぞれ入っていた保険。
結婚してなんとなく入っている生命保険や医療保険、ないですか?
子供が産まれて家族構成も変わると必要な保険も変わります。

正直、ほんとうに意味があるの?という保険になんとなく入ってしまっていることもよくあります。

今まで子どものために多めにかけていたのですが、掛け捨てということもあり、若くて病気にかかっても入院する期間は年々減っているのだから、そんな負担になることはないのではないか。入院が長引くときって病気よりけがが多そう。

3年ごとに組み替える保険だったので、今は2000円台にしておいて30代後半になってきたらがんなどの病気なども含めるようにしようと今は思っています。
だから、育休中に保険屋さんに無理行って金額をがっつり下げました。

REKA
REKA
こんな感じでいろいろ見直しをしてました。考え方もその時その時で変わるので気分が乗ったときにやってみよう!

あと、最近気になっていたNISAを貯金として運用してみました(笑)

2020年になってはじめてNISAを月1000円でやってみたのですが毎月毎月ちょっとずつ利益が出てなんだか楽しいですよ。興味のある方は、小額からでいいので是非やってみて下さい。まだまだ分からないことばかりだけど、確実に運用できているのを実感できます。百聞は一見に如かずです。

Level3:夫との家事育児を分担する

仕事復帰する前に意外と考えられていないのが夫との分担です。

育休中は妻が家事育児をメインで担っていることが多く、それに慣れてしまい、復帰後分担できずにママがいっぱいいっぱいなるのはよくあること。

役割分担ができていればママもパパも自分のやらなちゃいけないことを組み立てて、効率よく家事を回すことができて、夫婦ともに自分の時間を作りやすくなります。

REKA
REKA
前もって家事の分担を相談しておこう。また、旦那ができるように育休中から旦那にやってもらうよう促すのが必要ですよ。

ちなみに、我が家はお風呂掃除、ごみ捨て、お風呂入れるはやってもらってます。名もなき家事もありますが「気になった人がやる」というシステムにして旦那に小言を言われても気になった人がやればと伝えています。

Level4:家事の効率化をはかる

家事の効率化のポイントは2つ⭐
✔時短家電を投入する
✔やらない家事(手抜きライン)を決める

かにさん
かにさん
時短家電はこのために買うの?!
REKA
REKA
買わなくてもいいんだけど、自分の復帰した後の家事を考えて導入できるものは後でじゃなく休み中に買っておくことで負担は抜群に違ったよ。仕事しながら慌てて買うのも嫌だしね。

おすすめなのは、すぐ使えるところにコードレス掃除機があるのと食洗器かな

平日や忙しい時はコードレス掃除機でささっとかけたよ。何より子どもってこぼしたりするからすぐに使える場所にあるのはこまめに使えるし、適当でもある程度の清潔を保てるからいいよね。ちなみに写真は、三菱のコードレスクリーナー HC-VXH30P-N ピンクゴールドなんだけど、ユーチューバーのほしのこちゃんも使っていて見た目にべたぼれして買ったんだよね。今は、私が持っている型最新バージョンがあるので是非調べてみてね。掃除機なのに隠さなくていいからリビングのインテリアにもマッチしつつ、すぐに使えるから面倒くさがりな私でも最高!!

あと最近気になっているのは、アイリスオオヤマの掃除機。モップもついて2万円以下だから掃除機2台持ちして、1階と2階におくのもいいなぁ~って思っているんだよね。まだ、悩み中。でも、やっぱり時短のための投資は自分時間つくるためにも必要だと私は思っているの。買いたいやつ→アイリスオーヤマ 掃除機 IC-SLDCP10-N

次は食洗器。

食洗器は、2人目復帰前には欲しい家電なの。夕方のやらなきゃいけないことって食事してお風呂入れて寝かしつけてなんだけど、これを9時までにどうしても終わらせなきゃいけないから食べさせたあと食器を洗わないですぐにお風呂に入れれるならめっちゃ楽だと思う。

本当は、家建てるときキッチンにつけれたんだけど、収納メインにしたかったから取り付けなかったの。壊れて取り換えるのも大変だし。だから、置き型でほしいんだよね。

家電に頼れない家事は自分が許容できる手抜きラインを最大限に低くしていこう。

例えば…

  • 洗濯物は取り込む際に適当に分別して、収納するときに畳む。なんなら、自分の着る服は同じローテーションで着回す。
  • 掃除機は気になった人がかける!
  • 冷凍食品や総菜は有効活用する!
  • 朝ごはんは基本同じメニュー
  • 子どもが遊んで散らかったものは最後にまとめて片付ける etc…

いつもがんばってしまうママたちだからこそ、「まっいいか。」「あとでね。」「(最終手段)やらなくても生きていける」などと自分が許せる基準を決めておけばストレスが溜めることがなく過ごせると思います。

Level5:食材宅配を利用する

子どもができて使い始めたのは自宅に配送してくれるコープ共済の食材宅配です。

仕事に復帰してからもとても重宝しています。
骨とりタラ手軽な冷凍離乳食材がいっぱいなのと食材以外にも絵本や入学準備に必要なものなど日用品、雑貨なども取り扱っているのでついでにいろんなものを注文できてありがたい。

また、宅配料も子どもがいるとお得になるので友達のママ達にも絶賛おすすめしています。

REKA
REKA
岩手は田舎なのでスーパー行くにも車が必要なところも多いので、家まで届けてくれるコープさんは本当に感謝です。

仕事復帰してからも、子どもだけでなく大人のご飯も時短で作れるキットや冷凍食品が多くあったのでかなり助けられました。今後も思いっきり活用していくつもり(‘Д’)

住んでいる地域によって宅配業者もいろいろだと思うのでいろいろなところを資料請求して、チラシなど見比べてみるのもいいかもね。

Level6:もしもの時に利用できるサービスの下見

  • 自治体の子育てサポート
  • ベビーシッター
  • 病児保育
  • 家事代行

もしもの時に利用できそうなサービスがあるかは育休中に見ておくに限ります。

なぜなら利用するのにも事前登録が必要であったり、説明会に参加しなくちゃいけなかったりとすぐに利用できないこともあるからです。それに、育休中に時間があったら下見をしに行くことをおすすめします。

大事なお子さんを預けたりするのにも安心して利用できるように準備ができれば仕事を復帰した後に利用しやすくなります。

絶対やっておいた方がいいのは、病児保育

私は一人目の仕事復帰後、何回も熱が出て急に休まなくちゃいけないことが多くありました。仕事を休めるときはなるべく休むのですが、インフルエンザなどで発熱後1週間家で子供を見なくちゃいけないときなど仕事もずーと休むのも申し訳ないし、風邪を引いた本人も解熱後は元気の場合があるのでそんな時仕事に出たかったので病児保育ができるか連絡してみたら「登録してますか?」と聞かれて、そこで初めて利用するのに事前に登録しておかなきゃいけないことを知りました。

また、預けるときには医師の診断書も必要みたいです。わざわざ医師の診断書を取りに行く手間も考えると何が必要が知っておいた方が安心ですよね。

あと、我が家は使う使わないは別として、自治体にあるファミリー・サポート・センターというものに登録しています。ファミリー・サポート・センターは、地域の子育て支援のために子育てをお手伝いして欲しい方(おねがい会員)と子育てをお手伝いしてくださる方(あずかり会員)からなる有償の会員制の子育て支援ネットワークがあっていつか使う機会があったらと思い登録しています。自分の母も私が幼い時に他の子を預かっていたのを見てたので私もやってみたいと思ってます。

Level6:お風呂入れは様々なパターンで練習する

結構いつも同じパターンじゃないと旦那があたふたしてしまうなんて経験ありませんか?

旦那
旦那
どうしたらいいの?

って聞かれたりしませんか?

自分で考えてほしいと思いつつも、こうゆう臨機応変に子どもに対応するのも親になってからの練習が必要なもの

お風呂の場合では、旦那が先に入って体を洗い、呼び鈴で子供を呼んで、来た子どもを洗い、呼び鈴でママを読んで着替えさせてもらうといったようにパターン1しかできない人が多いです。

しかし、この場合旦那さんが早くお風呂に入ってくれないと話になりません。いろんな家事のタスクがあるママだからこそ、その時々のシチュエーションで臨機応変に対応できる旦那になってほしいと私は思っています。

なので、考える力を身につけてもらえるように先に自分一人で入って、途中で子どもを連れてきてもらうよう頼んだり、ママと子どもが一緒にお風呂に入って先に子どもだけ着替えさせてもらうなどいろいろなシチュエーションをすることで旦那自身もどの方法が一番自分にとって楽か考えると思うので臨機応変にこの時はどうしようかなど自分のペースで学べると思います。

子育てのスタートはみんな一緒。知識も一緒。

ママたちができるのは旦那たちがやってないときに努力している賜物なのです。だからパパたちにも一緒に子育てできるように考える機会をあげたいものです。

Level7:自分のキャリアをどうしたいのか考える

キャリアについて子どもがいるからってあきらめていませんか?

社会人2年目の初めに産休に入っている私は、復帰した際にキャリアアップのことについて上司からどうしたいか聞かれたのですが、同期生の中でもラダーが遅れているので早く同じにならなきゃなどと思ったりしたのですが、ラダーを取るためには仕事をしながら研究や勉強ももっとしなくちゃいけなく。

育児をしながらの無理なキャリアアップは生活の負担でしかなかったです。ですので、今後どのように働いていきたいか何を目指すのかを育休中に明確にしておくことで、育児をしながらも自分のペースでキャリア構築できる心境になれると思います。

私は、子どもができて看護師としてなりたい像は特になく。それより、仕事より子供との時間を大切にしたいと思うようになりました。だから、育休中にネットでのビジネスを学んでちょっとずつこのブログを書き上げてブロガーとしての第二の道を進みたいと思っているのです。

育児に追われて考えられないかもしれないですが、自分なりでいいので今後どんな感じで仕事をしていきたいのかあると復帰したときに不安に駆られるようなのは少なくなるかもしれないです。

Level8:子連れで参加できるママのための集まりに参加する


育休中には地元のNPO法人が開催していたサロンに月1回参加しました。子どもが同年代のママたちと子供の成長について話せたり、企画運営している助産師さんや保健師さんに育児の相談をしたりと子どもにとっても私にとっても刺激になるサロンでとても楽しかったです。

あとは、市町村が開催する赤ちゃんのための防災についてのセミナーなどにも参加し、防災グッツに備えるべきもの、被災した時の離乳食についてなど旦那と一緒に聞きに行けてました。

地域にサロンがない人でも行けるのが、近くの保育園で開催している園の開放日や子育て支援センターにもいっぱい遊びに行きました。季節ごとにちょっとした工作を作れたり、円にあるおもちゃを無料で使えたりしたので家にないおもちゃで遊んだ娘も目を輝かせていました。

天気のいい日にお散歩がてら行ける場所があるのって気持ちがすっきりしますよね。
最初はいるときは不安だと思いますが、行ってみると楽しむことができるし、希望の保育園なら園での子どもたちの様子を見ることができるのでおすすめします。

Level9:子どものおもちゃをつくったり、子どもといっしょにおひるね


やっぱり育休中の醍醐味は子どもといっぱい遊べること。

だからこそ、子どもが好きそうなおもちゃを一緒に作ったりしたのは今でも思い出としてとってます。また、いっぱい遊んでお昼寝を一緒にできたことはこのゆっくりした期間だからできることだと仕事に復帰したときに気づきました。この瞬間瞬間を楽しみながら過ごしてほしいです。

Level10:資格習得を目指すことや趣味の発掘をおこなう

育休中を利用して、取りたい資格があるときには挑戦しちゃいましょう。私は資格を受けるための勉強を合間合間に読んだりしていました。時間がある時だからこそ自分の実力アップや趣味の時間に費やせるのはありがたい。

趣味といえば、一人目の産休では園芸にいそしんでいました。全然知識0で、枯らしたりしたのですがゆっくりお花の手入れができてとても楽しかったし、お散歩しながら子どもとお花の話ができて楽しかった。友人の中でも休み期間にシイタケを育ててみたりと新しい趣味を発掘してました。

Level11:好きなお店や子どもといけるお店に行ってみる

子どもができると子どもメニューなどの食べられるものがあるか、お座敷があるか、ゆっくり過ごしても大丈夫なところかなど行けるお店が変わってきます。

仕事をしながらお店開拓は大変です。ですので、自分自身のリラックスもかねて行きたいお店はいっておくことをおすすめします。

まとめ

ここまで私が思う育休中にやっておいた方がいいことを紹介しました。

あなたが興味のあること、やってみたいことが見つかりましたらうれしいです。

ぜひ、貴重な育休中を有意義に過ごしてください。